Football Diary...

Football Diary...

2017.1月スタートのFootballの観戦ログ。第88回の高校サッカー優勝したから、それなりにFootballは詳しいぞーー。

(11)16'1st 第7節 鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島

昨年のJリーグ第7節を鑑賞。

まずは、結果から4-1。

 


攻撃は最大の防御とは、まさにこの事だと言わんばかりでした。

 


それはなぜか。

後半投入で左サイドに入ったカイオです。

 


正直前半を見ている限り、点差ほどの結果が出るゲームではなく、

下手したら広島が勝ってもおかしくないゲームです。

 


そんな前半とは打って変わり、ゲームの流れを一変させたのが前述したカイオです。

 


彼のドリブルでの度重なる仕掛け、キープにより、

前半はキレキレであった右サイドのミキッチが消えましたね。

 


前半の鹿島を見ていて思ったのが、庄司の成長ですね。

この時の庄司であれば、おそらく先日のクラブワールドカップでは、

決勝戦まで間違いなく勝ち上がれなかったでしょう。

 


それほど、彼はこのシーズンで成長を遂げたと思いますね。

 


今、カイオのインタビューを聞いていますが、

やっぱり鹿島の選手のすごいところは、

勝ちに忠実ですよね。

 


これが鹿島イズムというか、

ジーコが植えたメンタリティですね。

 


あとは、柴崎岳がヘディング決めたんですが、

彼、高校の時からヘディングうまいんです。

 


選手権で試合した時感じました。

滞空時間ながいし、正確に飛ばせられるしね。

 


あとは、広島で見ると、茶島いい選手だね。

 


早いし、裏へのランニングがいい。

後半は消えたけど。

 


あと、塩谷司選手いい選手でした。

あんまり注視して見た事なかったが、

守備力高いわ。

身体能力高いし。

 


こんな感じで。

今年すでに11試合鑑賞中。

 


追記

ACLJリーグをどう両立するかだな。

この日の広島も中4日?だかでゲームだったみたいで、

メンバーを入れ替えても力を落とせず戦える戦力は絶対必要だな。