Football Diary...

Football Diary...

運とノリで高校サッカー優勝を経験した私が淡々と粛々と綴るFootball日記。

(53) JL30 横浜Fマリノス vs 鹿島アントラーズ

只今後半15分です。

あまりにも鹿島の選手が素晴らしいので、試合途中ですが筆を進めたいと思う。

 

まず、鹿島は引き続きの立ち上がりの悪さで、15分以内に2失点。

9月くらいからですか?本当に立ち上がりの失点が多い。

アップに問題があるのでは?

というか、ドMすぎませんか鹿島さん。

 

まぁまず失点から。

1失点目はセットプレーからですが、その前のマルティノスにカウンターを喰らうシーンが問題ですね。

後々は、このようなカウンターはほぼ受けなかったですが、

2〜3本あったマルティノスのスピードはややこしかったです。

 

さて2点目は完全に植田のミスですが、どうせ自分で取り返すのだろうと思ってましたが、鹿島の2得点目にやはり彼ですね。笑

まぁここからは素晴らしいほどの鹿島の時間帯です。

70分くらいまで。

 

この攻め込みの時間帯が続いた理由を考察したいと思います。

鹿島は選手一人一人が本当に賢いなと。

まぁ攻撃の基本は常に同じですが、

 

今日は特に両サイドバックがかなり高い位置をとって、

レアンドロ中村充孝が相手の嫌なところでボールを受ける。

FWがサイドに流れて、スペースを作るというのが基本。

 

んでこれを70分くらいまで続けることができた理由は、

三竿だなと。

 

正直、三竿についてそこまで使われている理由が僕はわからなかってのですが、今日のプレーを見て納得ですね。

潰さなくてはいけないポイントを21歳ながらよく理解しているし、理解しているだけでなくしっかり潰すことができている。

シンプルにパスをはたき、いい意味でレオの邪魔をしていない。

黒子役として活躍してる。

ボールを持った時の、状況把握能力もよく、ボールを失わないし、セカンドボールも拾えている。よく走れるし期待が大きい選手です。

 

と、ここまで書いている時にゲームが終わりまして、

2-3で鹿島は敗れてしまいました。

 

先ほど、70分まで鹿島の時間帯だったと書きましたが、その後の10分くらいで、マリノスの時間が訪れます。

(その後の10分は鹿島の時間で、合計80分鹿島の時間でしたが。笑)

 

その理由は、交代で入った遠藤渓太ですかね。

それまでは、2次攻撃、3次攻撃と鹿島は攻めることができていたのですが、

彼が入ったことで、マリノスはタメを作る場所ができ、全体が押し上がることができていました。

19歳というイケイケな姿勢が、マリノスの勝因に繋がったと単純に思いますね。

 

その後は、栗原を投入され、堅かった真ん中がさらに堅くなってしまい、

クロスボールも合わずで得点ができない鹿島でした。

 

決定機は多くあっただけに悔やまれる負けですね。

川崎との勝ち点差も2まで縮まってしまいましたし。

 

こんだけガチガチな中澤さん率いる真ん中をこじ開けるのは、中央からのコンビネーションとミドルシュートだと思うんですよね。

 

サイドからは、かなり攻めることができていたので、もう一つアクセントをつけるとなると、やっぱりレアンドロとアツタカさんがバイタルでターンして、ドリブルで仕掛けるという形ですよ。

んで、PKをもらいに行くってのがかなり相手にしては嫌なんじゃないかなと。

 

川崎はこういう時に、今年は阿部ちゃんがいるから点を取れますよね。

 

レアンドロもできるのですが、今日はヒットせずといった感想です。

 

あとは、いい意味でも悪い意味でも金崎がサイドに流れすぎているかなと。

特に伊東が入ってからはもうちょい中央で、相手が嫌なポジショニングをとり、他の選手をフリーにさせるというのをしてもいいのでは。と思いました。

 

冒頭の鹿島の素晴らしいとこですが、

先述した三竿、あとはレアンドロとレオシルバ。

ブラジル人ってなんでこんな推進力のあるドリブルができるんやろか、、。

 

レオはボール奪取がすごいと言われますが、

三竿と組むと三竿が主にその役割を担ってくれるため、

多くボールを触り攻撃の起点となってます。

 

決してセンスあふれる芸術パスとかではないのですが、

サイドへの展開、足元への楔、守備から攻撃へのカウンターのパスなど、

基礎が出来上がっているという印象ですね。

 

隙をみて、ダブルタッチで持ち上がりもできますから。

 

とりあえず、負けてしまったのですが、まだ4節ありますから。

川崎さんがコケるのを待つのではなく、丁寧に鹿島さんが勝ち星をつけていけばいいのです。

 

頑張っていきましょ。

 

ほな。

 

 

 

 

 

(52) LL8 Atletico_Madrid vs Fc Barcelona

失点をしないというのは、偶然ではなく必然なんだなというのを

アトレティコを見てるとつくづく感じますね。

 

バルセロナが今シーズン失点が少ない理由は、アトレティコのような絶対的守備力というよりは、攻撃が最大の防御といった、攻撃の回数を増やすことによって失点が少ないのだと思います。

 

んで、アトレティコのその絶対的守備力ですが、

今に越したことはないのですが一人一人の守備意識と運動量ですねー。

バルセロナアタッキングサードに攻め込んだ時のPA幅の横の守備の連動と、縦の守備の連動が本当に美しい。

8人がボールを中心に、全員がヒモに繋がれているかのように、綺麗に統一された幅で、穴を作りません。

 

バルセロナも前半から、メッシの足元、ジョルディ・アルバのランニング、スアレスの一瞬の駆け引きで攻めますがシュートまで全然行けてなかったです。

その理由はこの8人の連動がやっぱり大きいなと思います。

 

前半アトレティコが先制するのですが、

アトレティコはこの守備意識とインテンシティに踏まえて、

本当に足元が秀逸ですね。

バルセロナの早い守備への切り替えも簡単に剥がしますからね。

グリーズマンが収めるというよりは、受けて叩いて後ろの選手を前向きにプレーさせます。

かといって、プレスがかかってないと見るや、ターンして運んできます。

 

本当レベル高い。

 

 

一旦こちらでハイライトをどうぞ。

www.youtube.com

 

こんだけ高い守備意識なのに、開始早々にえげつないチャンスを作るメッシもさすが。

てか、あのエクアドル戦のハットトリックとかね、もう本当表現する言葉がなくて、マスコミも困りますよね多分。

 

バルセロナのゲームを全部見てるわけではないので、

なんとも言えないですが、正直ネイマールがいなくなったことをそこまで感じさせないですよね。

それは、アンドレゴメスがうまくゲームを作ることができているのと、

これまでと違って、交代選手がゲームにいい影響を与えてますよね。

 

この試合で言えば、途中からのデウロフェウのドリブルは、右サイドのチャンスメイクに大きく貢献をしていましたし、

パウリーニョは出場が短かったのですが、

イニエスタラキティッチと異なり、ゴール前に入り、クロスからの得点を狙うのでその分相手のCBはマークにつられてました。

その動きが結局スアレスの得点を生みだすための、囮にもなっていましたしね。

 

バルセロナはいい意味でも悪い意味でも、90分同じように攻め続けられるじゃないですか。

でもこういった選手交代によって、今シーズンは別のテイストを攻撃に加えることができているのがとても大きいなと思います。

だって点を取りに行くのに、MSNを交代させるのは指揮官からしたらかなり苦肉ですからね。

かといって流れを代えれる選手がいるわけでもない。。。みたいな感じでしたから。

 

今シーズンのバルセロナ。無敗優勝とかしてくれないかなー。

 

あとは、ユムティティが本当いい選手。

左利きというメリットに加え、対人はほぼ負けなし。ポゼッションもうまく、縦パスをつけれて、斜めのロングパスの配給も可能。

かなり注目の選手です。

 

というか、バルセロナの試合を見ていてどうしてもどう攻撃するのかなというとこに目がいってしまうのですが、そこも好きですけど、

やっぱりブスケツの切り替え時のポジショニングを見るのが僕は楽しいですね。

 

この人いなくなったら、本当にバルセロナはどうしてしまうのだろうかと。

 

ボールを奪う能力って、フィジカルが重要そうに感じるけど、

攻撃と一緒でやっぱり頭ですよ。

攻撃のうまい選手って、絶対ボールを奪う能力も優れています。

メッシのすごいところってボール奪取能力でもあると思いますよ。

切り替え時の時とか、ほぼ止められるでしょ彼。

イニエスタも本当にうまい。

日本人特有の頑張ってる風に見えるからボール奪えるんです。

的な感じではなく、力が抜けていて、それであるからこそ左右への対応が優れ、頭も冴えているのでクールに奪えてます。

 

ブスケツの場合もまた、ボール奪取の面に関しては異質です。

 

カンテのような身体能力で奪うわけではないし、ビダルのような運動量と強さで奪うわけでもない。

 

ブスケツこそfootballの天才だと思います。

 

ボールを奪われた後のポジショニング、 

パスコースの絞り方、

goかstayかの状況判断、

身長を活かしてのリーチのある対人。

頭の先から足の先までをフルに使い、

バルセロナの守備のフィルタになってますね。

 

こんだけ読めると本当楽しいだろうな。

 

とまぁ、、後半は人重視の文章となりましたが、

以上です。

 

ほな。

 

(51) JL29 鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島

なに目線だよ。

ってなりそうですが、サンフレッチェ広島の90分の試合を見て決して16位に低迷する理由がわからないですね。

 中盤の真ん中3人を中心にインテシティが優れている守備を見せてくれていましたし、

3人のブラジルが違いを見せ鹿島を苦しませていました。

 

特に青山なんて流石ですよ。

常に首を振り、状況を判断し、味方を動かして守備組織をつくり、自らも球際をがっつき採算に渡りボールを奪取していました。

視野も広く、ダイレクトでの全然の配給も素晴らしい。

何より姿勢がいいんですよね。

骨盤が立っているので、股関節の可動範囲も広がり、重心移動がスムーズにできている。

屈筋を使わないので、長時間に渡り安定したプレーをし続けられるのも魅力です。

 

と、そんな広島でも、何だかんだ結局「鹿島らしさ 」で全てを表現できてしまう強さをもつ今のアントラーズには勝てずでしたね。

 

序盤は、広島の稲垣の横を鹿島のインサイドハーフと、ペドロジュニオール、土居がうまく引いてボールを引き出してました。

しかし段々と青山と柏のチェック、稲垣の運動量でそこを抑えることができるようになった広島は、まずその縦パスのコース消し、サイドにボールを誘導させてそこを激しくチェック。そこでうまくボールを奪取できていたので、鹿島の時間帯を作らせてなかった印象でした。

 

しかし、そんな流れの悪さをレアンドロの身体を張った切り替えからの前線からの守備でボールを奪い、三竿が上手く土居につけ、土居ちゃんターンで、敵を上手く交わしてのテクニックシュート。

 

土居ちゃんってほんとに、この画像でいうところの赤い箇所でボールを受けるのが上手い。

f:id:shun8erman:20171016011640j:image

バルセロナポゼッションサッカーで、

戦術の大きなオプションになった、このゾーン。

名前とかあるのかな?

...

ググったら出てきましたね一応。

西部さんは「間(ま)」って表現してますね。

基本的にいうとDF4枚、MF4枚が並んだ時のMFとDFラインの間にできる、3つの四角形の部分。

f:id:shun8erman:20171016012706j:image

この部分でボールを受けることが、ポゼッションサッカーはとても重要になってきます。

 

日本人では、香川、土居ちゃんが上手い。

外人でいうと、シルバ、イニエスタ、メッシ、チアゴ・アルカンタラ、イスコあたりですかね。

スペイン人ばっかり。

 

このアタッキングサードにパスを通す、SB、CB、ボランチは素晴らしいです。

止めて蹴り、通すことは比較的誰にでもできるのですが、

次の受け手の次のアクションを考えると、ダイレクトで出したり、つける足を考えたり、パスのスピードを変えたりとパスにどれだけメッセージを込められるかが重要であり、パサーの技術に差が出る部分ですね。

しかし、私はその受け手こそ重要だと思います。

なぜなら、このつけるパスが多少速すぎだろうが、強すぎだろうが、高かろうが、敵が来ていようが、受け手の準備で変えられる部分がありますからね。

 

私も大学時代頃から何度も試合を見て、このプレーを勉強し、試合で意識してきましたがまだまだ全然できません。

理由は、目ですね。

見るものが多すぎるから、本当に難しい。

そして、見た情報を元に寸分の狂いもなく、ボールを意図したところに置けるか。もしくは捌けるか。

これがつぎのフェーズとして重要になってくる。

 

けれど、ここでボールをもらうことができれば、そのチームの攻撃を多岐に渡らすことができるし、相手としては驚異でしかありませんね。

 なのでここでボールを受けるのは生涯学んでいきますよと。

 

話大幅に逸れましたが、土居ちゃんですね。

彼は、強さはないが巧みさがあり、相手の嫌がることをできる。

この得点でも、うまく反転し、切返しからゲットしていましたが、持ち味がでていましたね。

 

流れの悪い中で、こうしたショートカウンターからのゴールは非常に大きいですね。

 

その後、後半に入ると前半ほど広島の時間帯を作らせない鹿島アントラーズ

 

終盤に鈴木が押し込みゲットで2-0で終えました。

 

後半の振り返り薄すぎる内容ですが、この辺で。

 

では。

 

 

 

【Footballの魅力】

ちょっとテーマでかいですが、

なんでこんなに自分がFootballに魅了されているのかを今一度考えてみようと思います。

 

といっても、挙げたらキリがないですから、

カテゴライズしなきゃいけないですね。

 

【FootballをPlayする楽しさ】

 

という観点から、綴りたいと思います。

あくまで約20年間Footballをしてきた持論です。

 

まず、

Football選手で最もFootballを楽しんでいるのは誰か。って考えたときに、

僕が1番最初に頭に浮かぶのは、

 

 

ロナウジーニョです。

www.youtube.com

 

もう正直、僕の人生で彼を超える人間はいないのではないかと思います。

現役時代のプレーを生で見ることができなかったのは、人生最大の後悔です。

 

なぜか。

それは、誰よりもサッカーボールを扱う技術が長けているから。

それに尽きます。

 

自分の意図したところに、ボールを止め、運べ、蹴る。

これが鈴木史上最も優れている選手だと思っております。

 

そして、それができるから

誰よりもFootballを楽しむことができるのだと思います。

 

性格による部分も大きいと思いますが、

心底楽しんでいる様子が、動画を見ても伝わります。

 

つまり、Footballを楽しむためには、

自分の意図したところにボールを置ける技術力が必要ってことです。

 

その技術力があるからこそ、奇抜なアイデアが生まれ実行できるのだと。

 

とまぁこれが究極のFootballPlayする楽しさですね。

 

この楽しみ方は、正直もう今の技術で味わえることはできないので

別のアングルから楽しさを追求したいと思います。

 

Footballの楽しさってのは、人それぞれ違う。

例えば、

絶体絶命のピンチを救ったGK

狙い通りに選手を動かしてボールを奪った瞬間に高揚するCB

自分のオーバーラップでチーム全体に躍動を生み出し黒子の役割を果たすSB

攻撃と守備の両方のタクトを振るうボランチ

敵を切り刻むドリブルをするSH

観るものを魅了する技術でパス、ドリブルを繰り出すトップ下

ゴールを奪い続けるために猛進するFW

 

相手に競り勝ちゲームに勝利し仲間と共に歓喜する瞬間

 

Footballの楽しさは人それぞれ違うが人それぞれ共通だ。

 

それがFootballの最高の魅力であり、

【so football is fun.】

の理由であると思う。

 

決して同じ局面が二度となく、

一瞬一瞬に意味がある。

 

どちらが多くのゴールを決めるか

だけの単純明快なルールのもと

 

ゴールへのルートが圧倒的に困難。

 

だからこそ、一点を奪い合う瞬間が最高に感動する。

 

これがFootballの最大の魅力。

 

90分という限られた時間の中で、

どれだけ多くの局面を打開することができるか。

 

野球のように指示がこない状況で

バスケのようにタイムアウトが取れない状況で

いかにピッチの人間だけが自分で考えてプレーするか。

 

これもまたFootballの楽しさポイントの一つかな。

 

とまぁやっぱり楽しさなんて単純に語ることができるわけないですね。

 

まぁ一つ言えるのは、

最高に楽しい。ってのが魅力なんだな。

 

あかん。

全然まとまらないなこの文章。

 

えー、つまりだ。

Footballを楽しみたいなら、

ボールを自分の意図したところに扱う技術を身につけなけらばならない。

 

また、その能力が著しくなくても、

人それぞれが対峙する局面で相手より楽しみ、

そして、ゴールを決める。ゴールを守る。

 

これが本当に楽しいから、Footballは人を虜にするって話でした。

 

以上!!!

 

 

 

(50) 東京3部カップ TCFC vs JFC

色々鬱憤が溜まる試合でしたが、

振り返ろうと思いますよー。

PV増えてるので。

 

まず、相手はまたしても8人、、、。

レギュレーション的にも1週間前に試合が決まるという理由もありしょうがないですかね。

 

問題はそこではなく試合に挑む態度が許せなかったですね。

 

まぁ人間的な部分ですし、敵の人なので別に改善されたとしても何も思わないけど。

 

一つだけ言えるのは、何も言わせることができないくらいにけちょんけちょんにできない自分達の能力の低さが、虚しいのでもっともっとFootballに対して向き合って、うまくなるしかないってことですね。

 

では、自分個人を含め、反省感想を。

 

【サイド攻撃は手段・テンポの変化】

 

まずはこの試合で1番主張したい部分はここですね。

前半8人相手にして、私たちはわずかに1得点で前半を終えます。

 

理由は、色々ありましたが、顕著に出た部分としてサイド攻撃が目的になっている。というところと、攻撃のテンポが一長というとこですかね。

 

まずサイド攻撃が目的化しているとこのお話。

開始50秒に中央から攻め込み決定機を迎えます。

これが、このゲームを簡単に攻略するヒントでしたね。

 

当然ゴールは真ん中にあるわけで、1番手っ取り早いのは中央から攻めることです。

 

相手は4-2-1気味で守るんですが、

1番手薄なのは、2の部分なんですけど、2がボランチとして真ん中にいるから、2のサイドを攻めたくなります。

人がいないから。

 

けど、そこを相手の目線が変わっていないのにも関わらず攻めたところで、相手はちっとも怖くない。中央だけ落ちついて処理すればいいから。

 

それにサイド攻撃は結局ピンポイントでクロスをあげる技術、敵を外す技術、ボールに合わせる技術、などToDoが多いわけで、その割にゴールする確率低いですよね。

 

ほんなら人数多いんだし、真ん中に人数集めて、パスコースを増やして、シュートまでいけばいいんですよね。

キーパーも、横の動き鈍いからミドル打って弾いたとこ詰められるわけだし、、。

2の横にパスを出していかにもサイドに展開して、攻撃してる風。

んでもってSBに入ったところで、追い越す動きもない。

 

というか、本題に戻すとサイドの使い方が下手。

中央に当てて、中央から攻めるのを見せて相手が中央に寄るから、サイドが空く。というのが、人数少ない相手にとる手段。

サイドを使うのは、

同人数のゲームの場合、まずは真ん中に守備の能力が高い人間を配置するので、中央突破し難いのでサイドから展開していく。

あとは、よく言われる同一視野で対応しにくいというところですね。

だからサイドを使った攻撃が有効。

 

バルセロナがペナエリアであれだけ攻めることができるのは、メッシという圧倒的な個がいるから。

 

圧倒的技術は、それだけで戦術と化しますからね。

 

んでもって、サイドはサイドでもペナ内のサイドも使えてないのがこのゲーム。

 

オフザボールの動きがすこぶる悪い。

この部分は追い追い。 

このPA内をどう使うかの共通理解は深めないと、

だめだなー。

 

次にテンポの話し。

 

まぁ単純な話で、同じ距離感、同じパススピード、タッチ数で回してて当然崩せるわけがないという話。

 

テンポの変え方なんて、ドリブルでも変えられるわけだし、オフザボールのランニングでも変えられますね。

んでもってそのテンポを変えるための手段がうちは少ないと感じました。

PAで引いて守っているなら、パスをその前で回しててもテンポは変わらなくて、ドリブルでつっかける必要もある。

ドリブルでつっかけて、喰いついたところをテンポよく弾いて崩すとか。

音楽にサビがあるのと一緒でテンポを変えないと、ダメ。ってことですね。

 

テンポの話ししようとしたけど、

 

結局1番は、ゲームをどう攻略しようという部分で

【頭を使えていなかった】

のが最もな課題。

 

僕は小学生の時から、Footballは頭でやる。

ということを永遠言われてきました。

 

愛知FCってところで小学生を過ごしたんですが、小学生のときに個人戦術よりチーム戦術を浸透させようとするチームは珍しいと思いますね。

 

んま、お陰でゴールデンエイジのボール技術を最も取得できるときに、裏へのランニングや、スペースの作り方、ダイアゴナルランなどを学んでたので、今ボールを扱う技術に苦戦してます。

 

戦術はそこそこに、小学生はボールをいかに自分の意図したところに置き続けられるか。

これをゴールデンエイジではやらなきゃいけませんね。

 

話が逸れました。

 

考えるという部分の話し。

これは経験とかにもよるのですが、

問題は考えるということを怠っていたということ。

 

こういう攻め方があるよ。

こうした方が崩せやすいよ。

というのを僕は、いくつも学んできて、

実際に体現もできることもできるようになっています。

このゲームでも、僕は途中出場で手前味噌ながら出る前よりはリズムを変えれたのかなとは思ってます。

 

僕が入る前は、なんか無性に焦っている感じがしました。

 

点をとって当たり前のゲームで点が取れない。

8人相手なのに、ボールを取られてしまう。。

なんでだろう。。やばい。。といった雰囲気でした。

 

なんで点が入らないんだろう、どうすればいいんだろう。

なんでうまくリズムが生まれないんだろう。

 

という感じ。

 

んで、外から見ていたのでなんとなく感じていた部分で、

先述した、まず中央を攻めなよっていう部分とテンポを変えていこうという部分を話しました。

あとは、立ち位置ですね。 

相手には個人でちらほらボールが運べる選手がいるけど、メッシやマラドーナネイマールではないので、さすがに都3部の選手に50mも独走はさせません。

うちのDFも能力高いですから。

 

だとしたら、立ち位置の話をすると、

せいぜい1トップに対して2人のCBが残るだけで、

2-1-4-3くらいでいいんですよ。

もしくは相手が4バックなら、前を4枚ガチガチに張らせるとか。

 

そしたら、前線で取られても距離感が狭いので、切り替えを早くしてボールを奪えるし。

だけど、いつも通りの11:11の配置でプレーし続けているし、シャドウが裏抜けない、ボランチが裏抜けない、SBがワイドとるだけ。

爆弾ゲームのように、早くボールを離すこととテンポを早くすることを同義語だと思いっていたり、ドリブルで食いつかせようとしなかったり、

 

これでは、見ている側としたら考えてないって思うのも無理ない。

 

ゴールを見て、敵を見て、味方を見て、ボールを見て、スペースを見て、というこんなことは当たり前にしなきゃいけないし、それを踏まえて、

相手は何をされたら嫌なのか。

誰にボールを集めたらいいのか。

誰がスイッチを入れるのか。

ということを考えたり、味方の特徴を理解して、

どういうプレーをさせたらいいのか。などなど

くっっっっっっそ頭を使わなきゃいけない。

 

相手が少ないからこそ、

より効率的にゲームを運ぶための工夫をし続けなくてはいけない。

 

僕は、この辺小学生時代に怒鳴りちらされながらやってましたから体が覚えてますね。

15分ハーフで、25対0とかで勝っても怒られてましたからね。笑

どうやったら点が取れるのかをずーーーーーと考えながらプレーしてましたから。

 

あとは、オフザボールのランニングの話もしときたいけど、、、

これは個人にじっくり話そうかな、、。

 

まぁ人それぞれ考え方はあると思うんだけど、

結局それがゴールに結びついていないなら全く意味がなくて、

一人一人が、点をいかに効率に取れるかをもっと考えなきゃですね。

それを体現する技術がないのは、今更言ってもしょうがないですが、

頭は、サッカーの試合をたくさん見たりすれば学べるので、

是非とも勉強していきましょ。

 

今日はこれで終わり!

また、とやかく言われるんだろうな!

でもある程度思っていることをまとめました!

(まぁ本音書いてたらもっと荒れるからあれだけど)

 

では。