Football Diary...

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Football Diary...

2017.1月スタートのFootballの観戦ログ。一応88回の高校サッカー優勝したから、それなりにFootballは詳しいぞーー。

(9)15-16 CL決勝戦 レアル・マドリードvsアトレティコ・マドリード

CL

今更感がとてつもなくありますが、

題名にある通り、15-16シーズンのCL決勝戦を観戦。

 


ちょうど、この試合を見る前に西部さんの記事でアトレティコの4-4-2についての記事を見ていたのでその辺も含めて、

ゲームを見ました。

 


まずトータルを見ての感想は、よくまぁシーズンの最後の方にも

関わらずアトレティコはこんな激しい試合をできるなと。

 


セットプレーの先制でレアルは確かにゲームのペースを落としたが、

油断したらBBCが襲いかかるからね。

 


僕はこのゲームをモドリッチとクロース、そしてカゼミーロの3人を中心に見ていましたが、この3人。

特にモドリッチとクロースの技術の高さが際立っていました。

どんな激しいプレスでも、Footballにおいて技術力があれば無効化してしまう。

 


という証明ですわ。

 


バルセロナが圧倒的なボール支配で、世界王者になった時に、

技術は全てを凌駕すると感じたんです。

 


でも、そんなバルセロナにも、はたまたバイエルンにも勝利し勝ち進んだ、

シメオネアトレティコのプレスは恐ろしいと思っていました。

 


レアルの素晴らしさは、この3人が前の3人にボールを供給し続けることができたこと。

アトレティコのおしかったところは、そのプレスで得たボールを安易に失っていたとこですね。

 


PK戦でレアルがCLの優勝をしたこのシーズン。

 


岡田さんが最後に言うてました。

 


いろんな種類のサッカーがあり、いろんな勝ち方があると。

 


だからこそFootballは面白いんだろうなと。

 


だからこそ、様々な戦術がある。

 


今年の自分は本気でサッカーができます。

 


楽しみだ!!